ブログ

ブログ

加齢性黄斑変性症について
category: 目の病気について|2017.10.8

加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。私たちはモノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として受け取り、その信号を脳に送るために視神経に伝達します。

その網膜の中心部分が黄斑です。黄斑が変化すると、モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。加齢黄斑変性は、糖尿病網膜症、緑内障とともに、失明を引き起こす病気として注意が必要です。

治療は抗VEGF療法という新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する方法が一般的です。

緑内障について
category: 目の病気について, 緑内障|2017.10.8

緑内障は視神経に異常が起きて視野が狭くなる疾患で、主に中高年の方が発症します。症状としては、見える範囲が少しずつ狭くなっていきます。進行はゆっくりで両目の同時進行はほとんどなく、かなり進行するまで自覚症状が出ない場合が多いです。

主な治療法は眼圧を下げるための点眼で、場合によっては内服薬やレーザー治療、手術が必要になります。手術は局所麻酔で行いますので、痛みはほとんどありません。視神経は一度障害を受けると元には戻らないため、緑内障と診断された患者さまは、眼圧を定期的に管理していく必要があります。

緑内障は治療が遅れると失明にいたる恐れもあるため、注意が必要です。症状がない方も、定期的に眼科検診を受けることを心がけましょう。

ドライアイについて
category: 目の病気について|2017.10.8

ドライアイは、目を守るために必要な涙の量が不足したり、涙の質が低下したりすることで目の表面に傷がついてしまう疾患です。エアコンによる空気の乾燥や、パソコンやスマートフォンの使用による目の酷使、コンタクトレンズ装用や加齢が原因となって発症します。症状としては目が充血する、光がまぶしい、目が疲れやすい、ゴロゴロするなどさまざまです。

主な治療法は人工涙液の点眼療法ですが、涙が出る涙点にシリコン製のプラグを挿入する「涙点プラグ」という治療法や手術もあります。患者さまの状態によって治療法が異なりますので、気になる症状がある方は早めの受診をおすすめします。